【イライラ】イライラを抑える心理学的な方法とは?

人間関係の心理学

【イライラ】イライラを抑える心理学的な方法とは?





こんにちは。おぱびにあです。

社会で生活しているとイライラすることが多くあります。

「上司に嫌味を言われてイライラ」
「取引先に理不尽な怒られ方をしてイライラ」
「嫌味ったらしいご近所の奥さんと話してイライラ」

こんな時のために使える「イライラを抑える心理学」を今日はお伝えしたいと思います。

イライラを抑える方法①そもそもイライラの「原因」を抑えるのには限界がある



イライラを抑える方法の前提的なイメージで覚えておいていただきたいのは、イライラの「原因」を抑えるのには限界があるということです。

例えば先ほど出した例を考えてみましょう。
「上司に嫌味を言われてイライラ」
→上司に嫌味を言われないようにするためには、部署や会社を変える必要がある。

「取引先に理不尽な怒られ方をしてイライラ」
→取引先と会話する必要がある営業を辞める必要がある。でも事務だと結局上司に怒られたりする、、、。

「嫌味ったらしいご近所の奥さんと話してイライラ」
→ご近所付き合いを辞めるわけにはいかない。

 

このようにイライラの原因を根こそぎ排除しようとすると家に引きこもるくらいしかなくなってしまいます。
そもそも家に引きこもったらイライラしなくなるかと言われると、おそらくそうではないので、イライラの根本原因を完全になくすことは不可能なんです。

とは言ってもイライラの根本原因をなるべく減らすことは重要です。
・イライラの原因をなくすのが容易な場合
・健康的被害を受けるレベルのイライラを感じている場合
こういったときは対策することが必要になってくるでしょう。

 

社会で生きることがストレスのサラリーマンの方々には、自分で能力をつけてフリーランスになる・転職することも一考です。

もちろんフリーランスになればストレスもフリーになれるかと言ったらそうではありませんが、フリーランスに向いているのに無理に社会人をやってイライラをため込んでいる人がいるのもまた事実です。

またフリーランスにならずとも転職を考えるだけで自分のイライラの原因を見つけ、それがない会社に移ることも可能になってきます。


↑まずはdodaの転職カウンセリングをうけてみることをお勧めいたします。自分が職場で抱えているイライラが実は自分の会社特有のシステムのせいだったりすることなんかもあります。

私も実際前の職場でかなりイライラをため込んでいて「社会人ってこんなものなのかな、、、」と思っていました。
しかし職場を変えてみると、かなり前の職場と雰囲気が違いイライラの原因を断つことができました

カウンセリングを受けること自体無料でできますので、一度自分のイライラを他人に相談してみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスを目指す方には下記の本なんかもおすすめです。一冊目に関しては転職を考えている方にもおすすめです。というか一冊目は転職を考えていない方にも絶対読んでほしい一冊となっています。


このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法


転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方


世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生

 

イライラを抑える方法②これが大事!ジェネリックYOU

では前置きが長くなってしまいましたが本題に入りたいと思います。

イライラを抑える心理学的方法、それは「ジェネリックYOU」です

これだけではなんのこっちゃわからないと思いますので、やり方を説明いたします。

やり方は簡単2ステップです。

①他人から何かをされてイライラを感じる
②そのイライラの原因をあるあるとして一般化する

これだけです。具体例を見ていきましょう。

「上司に嫌味を言われてイライラ」
→「嫌味を言う上司ってどこの職場にもいるんだよね」

「取引先に理不尽な怒られ方をしてイライラ」
→「こんなことで怒る短気な人ってよくいるよなぁ」

「嫌味ったらしいご近所の奥さんと話してイライラ」
→「母親の時代にもこんなこと言う人いたよなぁ」

こんなやり方です。

 

イライラを抑えられない理由として「自分だけ○○されてる感覚に陥っていること」があげられます

つまり、「今イライラしていることは、昔からよくある、あるあるの一つなんだ。自分だけじゃない。」
と捉えることでイライラを抑えることができるのです!

 

まとめ 「イライラを抑える方法」は考え方を少し変えるだけ!

いかがでしょうか。「ジェネリックYOU」というやり方は今日からでもできそうでしたよね。

イライラを抑えるためには
①まずそのイライラの原因となるものが回避可能かを考え、
②無理だったら「ジェネリックYOU」を試す。

この二つのステップを踏めば皆さんのイライラを抑えることができるのです。

他にも「3秒・0円でできるストレス発散法」なんて記事も書いているのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

3秒・0円で「ストレス発散」する方法【心理学】
3秒・0円で「ストレス発散」する方法【心理学】 こんにちは。おぱびにあです。みなさんストレスはたまりやすいでしょうか? 「ストレス発散法」ってよくありますけど、そういった方法って一時的なストレス発散にしかなりませんよね? ...

ぜひ今日から試してみてください。