【心理学的に正しい】ポジティブシンキングの極意【自己効力感】

【心理学的に正しい】ポジティブシンキングの極意【自己効力感】




「ポジティブシンキング」ができるようになればなぁ。

皆さんはそう思ったことがありますか?

・ポジティブシンキングを意識しても、どうしてもネガティブなことを考えてしまう。
・不安感がぬぐえない
・ポジティブシンキングで人生を変えたい

この記事をお読みになっているということは、色んな悩みがあると思います。

そこで今日は、心理学的に正しいポジティブシンキングと題して、
「ポジティブシンキングになるためにはどうすればいいのか」
「そもそもポジティブシンキングになれるのか」
を皆さんにご紹介できればと思います。

無理な「ポジティブシンキング」は逆効果

まず最初にお伝えしたいのが、心理学的に「無理なポジティブシンキングは逆効果である」ということです。

ポジティブシンキングになるために、よくアファーメーションと呼ばれる方法が使われます。

アファーメーションとは自己暗示のことを言います。某元テニスプレーヤーのように「できる!できる!できる!できる!できる!」というように思いこむことで肯定的な思い込みを作り出し、ポジティブシンキングになろうというものです。

このアファーメーションはもともとネガティブな人が使うと逆効果であるという研究が出ているのです。

アファメーションの効果について調べた研究があります。

2009年にウォータールー大学で被験者たちを集めて2つのグループに分けました。自己肯定感が高い人と低い人に分けてアファメーション、つまり断言調で自分は魅力的だとか素晴らしいということを唱えてもらい、唱えながら自分の感情を紙に書いてもらいました。

もともと自己肯定感が高い人がアファメーションしながら感情を書いた場合ともともと自己肯定感が低い人がアファメーションしながら感情を書いた場合を比較しました。自分に対して前向きな断定をしてればポジティブになれるのであれば双方の感情が同等に前向きにならないとおかしいわけです。

ところが、もともと自己肯定感が高かった人には特に変化がなかったそうです。つまり、もともと自己肯定感が高い人は自己暗示をする必要はないということです。

さらに、もともと自己肯定感が低かった人はアファメーションによりかえって気分が落ち込んでしまい自己肯定感も下がるという結果が出ています。つまり、もともと自己肯定感が低い人が前向きに自己暗示をすればするほどネガティブな感情が生まれてしまうわけです。

参照:https://daigoblog.jp/danger-selfsuggestion/

このように自己肯定感が低い人は、アファーメーションを行うことによってかえってネガティブシンキングになってしまうのです。

ではもともとネガティブな人がポジティブシンキングを手に入れることは不可能なのでしょうか?そうではありません。

ポジティブシンキングを得るためには、自己肯定感を上げることが大切になってくるのです。

自分への自信=「自己効力感」を上げよう

ネガティブな人がポジティブシンキングを得るためには、ずばり「自己効力感」を高めることが大切です。

自己効力感とは、
「自分はやればできるんだ」という自信のことを指します。

わかりやすく例を挙げると自己効力感が低い人というのは、「自己評価が低い人」です。

ポジティブシンキングを無理にするのではなく、自然にできるようになろう!という話です。

「自分の自己効力感がどれほどあるのか知りたい!」という方は、下記リンクに『1分で自己効力感がどれくらいあるのかわかるテスト』があります。ぜひ自己効力感のテストをやってみてから、続きの記事をご覧ください。

【簡単心理テスト】あなたの自信レベルは?自己効力感テスト【GSE心理テスト】
【簡単心理テスト】あなたの自信レベルは?自己効力感テスト【GSE心理テスト】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。おぱびにあです。 ...




このテストで世界平均点以上取れていれば、あなたはポジティブシンキングが十分にできています。ぜひやってみてください。

このテストで世界の平均点以下だった皆様。ポジティブシンキングをできるようにするために、自己効力感の上げ方をこれから学びましょう。

これでポジティブシンキングに!自己効力感の上げ方

先ほどの自己効力感テストでの点数が低かった方に向けて、ポジティブシンキングになるための「自己効力感の上げ方」をご紹介いたします。

ポジティブシンキングの極意1.身体を鍛える

自己効力感を上げるのに効果的なのは、身体を鍛えることだと言われています。

よく「筋肉は裏切らない」といわれますが、これは本当にその通りで、身体を鍛えることによって自分に自信を持てるようになるのです。

自信を持つことができることが自己効力感の上昇につながりますし、運動をすること自体にもポジティブシンキングになれる効果がついているのです。

まずは今の自分の身体の写真を撮り、身体を鍛えて「自分は変われるんだ!」という自信をつけてみてはいかがでしょうか。


まずは機材の購入から!自宅でトレーニングを始めたいという方は「ファイティングロード」でトレーニング機材を購入してみてください。



筋トレ初心者の方は上記フィットネスウェーブのような「立ってるだけで鍛えられる機材」 がおすすめです。(画像から購入画面に飛べます)値段も張らないですし、テレビを見ながら使用できるので私も愛用しています。

ポジティブシンキングの極意2.自分の強みを「3つ」見つける

ポジティブシンキングをする上で大事なことがもう一つ、自分の強みを「3つ」見つけることです。

そもそもなぜ三つなのかと申し上げますと、強みが一つだけだとその強みが折れてしまったときに他にすがるものがなくなってしまうからです。

三つ強みを見つけることができれば、
「Aという強みが発揮できなかったけど、BとCの強みが自分にはある!」
「Bの強みではうまくいかなかったけど、今回はAの強みを発揮できた!」
というようなポジティブシンキングのループを作り出すことができます。

自分の強みを三つ見つけることは簡単ではありませんが、via強みテストなどを駆使して自分の強みを見つけ出してみてください。

via強みテストリンク:http://www.viacharacter.org/Survey/Account/Register



まとめ ポジティブシンキングを鍛えるには自己効力感が大切

いかがでしょうか。ポジティブシンキングは思い込みだけではうまくいかないことが分かっていただけたのではないでしょうか。

ポジティブシンキングを身に着けるためには自己効力感を鍛える!

「ネガティブな考えにいつも行き着いてしまう・・・」という人は、今日の記事を参考にして、自己効力感を鍛えることから始めてみてください。