【簡単心理テスト】あなたの自信レベルは?自己効力感テスト【GSE心理テスト】

【簡単心理テスト】あなたの自信レベルは?自己効力感テスト【GSE心理テスト】




こんにちは。おぱびにあです。

今回は、お手軽!簡単心理テストと題して、あなたの自己効力感レベルを測る簡単な心理テストをご紹介いたします。

自己効力感が高いと、自分ができること・できないことを正確に捉えることができます。

自己効力感が高い人は
1.感情が安定する
2.楽観的になり悩みにくくなる
3.鬱になりにくい
4.ストレスに強くなる
5.仕事に対する満足度が上がる
6.不安な感情に苛まれにくい
7.健康状態がよくなる
8.燃え尽き症候群になりにくい
などの特徴があります。

いいことずくめですね!この自己効力感があなたにどれくらいあるのか?という簡単な心理テスト(GSE心理テスト)を今回はご紹介いたします。


 

心理テストの前に。 そもそも「自己効力感」ってなんぞや

自己効力感とは、

とある困難や状況に直面した時に、「うまくその困難を乗り越えられる」能力があること・またはその能力があることをわかっていること

を指します。

自己効力感が低い=自分のことを過小評価している ということです。

 

よく似た言葉で、「自尊心」という言葉がありますが、これは「自分をどれだけ信じられるか」の指標です。

簡単に言うと
1.自己効力感 「難しい課題だけど、自分ならこの課題を解決できる!」
2.自尊心   「自分がやっていることは間違ってない。大丈夫だ!」
といった違いがあります。

 

先ほども申し上げたように、自己効力感が高いと、
1.感情が安定する
2.楽観的になり悩みにくくなる
3.鬱になりにくい
4.ストレスに強くなる
5.仕事に対する満足度が上がる
6.不安な感情に苛まれにくい
7.健康状態がよくなる
8.燃え尽き症候群になりにくい
などのメリットがあります。

もっと詳しく自己効力感を知りたい方のために参考図書を載せておきます。心理テストと合わせてどうぞ。


自己調整学習の指導学習スキルと自己効力感を高める

↑自己効力感についてさっくり学びたい人向け


激動社会の中の自己効力

↑上級者(がっつり学びたい人)向け

 

少し話が逸れましたが、あなたは自己効力感がどれほどあるのでしょうか?簡単に自己効力感が測れる心理テスト(GSE心理テスト)に移ってみましょう。

 

簡単心理テスト GSE心理テスト

あなたの自己効力感を簡単な心理テストで測ってみましょう。自己効力感を簡単に測るこのテストは「GSE心理テスト」と言います。

この心理テストは四択となっていますので、とても簡単にできます。
合計で10問ありますので、以下からやってみてください。

 

 

みなさんは何点でしたでしょうか。ここで世界と日本の平均点もご紹介しておきます。


・世界の平均点 29.55点 (25か国・2万人以上の調査)

・日本の平均点 20.22点

日本は平均点が低いですね・・・。まずは日本で平均点以上取れているかどうかを基準に判断してみてください。

また、30点以上あれば、自己効力感が高い=自分の力を正確に掴めていると思っていただいていいです。

この心理テストの点数が20点以下の人は、自己評価が低すぎます。今すぐ自己効力感を上げるような対策を行ってください。

自己効力感の上げ方はこちらから↓

【心理学的に正しい】ポジティブシンキングの極意【自己効力感】
【心理学的に正しい】ポジティブシンキングの極意【自己効力感】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ポジティブシンキング」ができるようになればなぁ...

まとめ 心理テストで自己効力感のセルフチェックを

いかがでしたでしょうか。皆さんの自己効力感はどのくらいありましたか?

自己効力感を上げていけば、物事にチャレンジする意欲が湧き、人生を成功に導きやすくなります。

こまめにこの簡単心理テスト=GSE心理テストにチャレンジして、自己効力感が今どれくらいあるのかを認識しておきましょう。