【就活】面接対策! 「心理学的に正しい」面接対策とは?

コラム

【就活】面接対策! 「心理学的に正しい」面接対策とは?

 



こんにちは。おぱびにあです。

このサイトを見ているということは、みなさんは絶賛就活中だと思います。就活の中で対策が難しいのが面接だと思います。

私も就活をしていた頃は面接対策に苦しみました。

「ESは通るのになぜか面接で落ちてしまう」
「面接で何が悪いのかわからない、、、」
「フィードバックをしてくれる面接がほしい」

こんなことを思っている就活生はぜひこのブログを見てください。

今回は就活での「心理学的に正しい」面接対策を皆さんにお伝えできればと思います。

 

私のブログでは、心理学で様々な日常の疑問を解決し、生活を楽にする助けになることを中心にまとめています。

就活の話では以前に、
【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』という内容のブログを書いております。(下記リンクから飛べます)
まず就活でESに悩んでいる人は、下のブログから読んでみてください。

【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』
【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。おぱびにあです。 この記事をご覧になっている人は、現...

 

その他にもいろいろな心理学ブログを書いています。「転職心理学」と銘打っていますが、就活の話を中心に書く予定ですので、気になる方は下記カテゴリも参考にしてください。

転職の心理学
「転職の心理学」の記事一覧です。

 

 

就活面接対策1.なぜ面接に落ちてしまうのか

あなたはなぜ、就活の面接に通らないのでしょうか。心理学的にどういった人が面接に落ちてしまうのか考えてみましょう。

 

面接に落ちる原因1:将来性が感じられない。

最初の面接の問題点は、「あなたに将来性が感じられない」ということです。

【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』でも紹介しましたが、人は過去の実績よりも将来性を見てその人の優秀さを判断するバイアスがあります。ESの書き方で紹介した実験の引用です。

2012年ハーバード大学の心理学研究

ハーバード大学は75人の学生を集めて、就職活動の模擬実験をしました。

方法は、学生たちに面接官の気持ちになってもらい、日本でいうESを読んで誰を通過させたいかを調べてもらうというものです。

読んでもらったESは2パターンに分かれていました。

1.達成したこと(実績)をアピールをしたESを見せたグループ
→2年間同業の専門的な仕事についてて、リーダーシップテストの点数もいい

2.可能性をアピールしたESを見せたグループ
→この仕事の経験はないけど、リーダーシップテストの点数がよくて可能性があります

結果は、2の可能性をアピールしたESを見せたグループのほうがESを通過させる確率が上がったのです。

普通、専門的な仕事についていて知識があったほうが活躍してくれそうに見えます。
しかし2のESを通過させるということは、やはり人間には
「過去の実績よりも、将来のポテンシャルのほうに目が行く」
性質があるのでしょうね。

【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』
【就活】心理学的に正しい!『ESの書き方』 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。おぱびにあです。 この記事をご覧になっている人は、現...

 

皆さんは「ガクチカ(学生生活で力をいれたこと)」の言葉通りに、過去の実績ばかり話していませんか?心理学的には過去の実績は評価されません。就活の面接で大事なことは、過去の実績ではなく「そこから学んだ経験をどう会社で活かしていけるか?」です。このことを意識して話すだけで、あなたへの評価は大きく変わるはずです。

 

面接に落ちる原因2:第一印象が悪い。

あなたが面接に落ちる原因の二つ目は、「第一印象がよくない」からです。

人間には初頭効果というバイアスがあります。

人間は第一印象でその人のイメージを決定し、それを補完するようにあなたに質問をしていきます。

 

第一印象が悪いとさらに問題となるのが「確証バイアス」です。

確証バイアスは、人間が自分が持っているイメージを肯定するような情報しか集めなくなってしまう性質のことを指します。

嫌な奴の嫌なところばかりに目が行ってしまう
好きな人の良いところばかりにしか目が行かない

これはすべて確証バイアスによるものです。

第一印象の心理学は前に一度紹介しているので下記リンクから詳しく見てみてください。

就活の面接で重要なことはとにかく第一印象をよくすることです。服にしわがないか?笑顔が作れているか?普段よりも大きめの声であいさつができているか?などチェックして面接に臨みましょう。

 

 

就活面接対策2.とにかく第三者に見てもらうこと

ここから実践的なお話です。就活の面接対策でなにより大事なことは、とにかく「第三者に見てもらうこと」です。

人間は自分で話したイメージと相手が受けるイメージが大きく乖離する生き物です。

自分では自信満々に話したつもりでも、相手にとってはそう見えていないということが多くあるのです。

ある心理学研究では、他人がどういう趣旨を伝えたくて話しているかを当てる確率は、コイントスをしてランダムに考える確率とほぼ変わらないという研究が出ています。

このことから、あなたの面接が第三者にどうみられているのかを知ることが急務になります。

 

第三者にあなたの面接を見てもらう方法をいくつかご紹介します。

面接を見てもらう方法1.大学の就活支援を使う

1つ目は大学の就活支援を使うことです。

大学によって異なりますが、ほとんどの大学では就活支援センターなどで模擬面接をしてくれます。

あなたのことを詳しく知っている人ではないので、素直な面接の印象を聞けるでしょう。

ただし、就活の専門家ではないので、実践的なアドバイスには至らないのが欠点です。

 

面接を見てもらう方法2.実際の面接を録音して、友達に聞いてもらう

二つ目の方法は、実際の面接を録音して友達に聞いてもらう方法です。

この録音はあくまで個人的なものにとどめておきましょう。公表するとなにかしらの法律に引っかかる可能性があります。

この方法のメリットは、実践的な場での面接を基に印象を聞くので、より実践的なアドバイスが見込めます。

一方のデメリットは、友達はあなたのことをよく知っているので、その色眼鏡を外せない(バイアスのかかった)アドバイスになってしまいます。

 

面接を見てもらう方法3.フィードバックのある面接を利用する

三つ目の方法は、フィードバックのある面接を利用することです。

これは実践的なアドバイスをもらえる上に、あなたのことを知らない人が評価をするのでバイアスがかからず、一番おすすめな方法となっております。

では、そのような面接はどこから探せばよいのか?いくつかおすすめのサイトをご紹介しておきます。

1.digmee



一つ目のおすすめサイトはdigmeeです(気になる方は上から)

このサイトはかなりおすすめです。

特徴として、「LINE」からカンタンに企業に応募することができるサイトなんです。

しかも企業の人事担当からフィードバックが貰え、評価がいいとその企業の選考パス権が付与されます。

就活と面接対策が同時にできるとなれば、就活生にdigmeeをやらない理由はないです。

私自身も愛用していました。正直これをやってない人は損です。登録するかしないかはあなた次第ですが、私はおすすめを致します。

 

2.キミスカ



 次におすすめするサイトはキミスカです。

コチラは企業からスカウトがくるタイプのサイトです。

スカウトがくるので場数が踏めますし、コンサルタントが面接対策をしてくれるので普遍的かつ実践的なアドバイスをもらうことができます。

 

 

まとめ とにかく第三者の評価を聞くこと

いかがでしたでしょうか。最低限第一印象を気を付けていたとしても、第三者から見たら第一印象が悪いかもしれません。

第三者からの評価が面接です。面接対策をするには、他人からどう見られているかを知ることを第一に対策してください。

 

SNSフォローボタン
phi36272をフォローする
Twitterのフォロー よろしくお願いいたします
phi36272をフォローする
コラム
phi36272をフォローする
心のライフハック ~心理学が生活を楽にする~

コメント