【勉強法の心理学】心理学的に正しい復習方法

勉強の心理学

こんな人におすすめの記事

  • 復習をどうやればいいのか知りたい
  • 心理学的に効率的な勉強法を知りたい
  • 勉強してもすぐにわすれてしまう

 

【勉強法の心理学】心理学的に正しい復習方法

こんにちは。おぱびにあです。

「勉強は復習が大事!」というのは、勉強をする中で耳にタコができるほど聞いてきた話だと思います。

ただ、不思議なのが「どう復習するべきか」という話は、みんな勉強をしてきたはずなのに誰も知りません。

良く言われるのが「毎日コツコツ復習しよう!忘れる前に復習することが大事!」という勉強方法です。
しかし、なんとこの「忘れる前に復習する」という勉強方法は心理学的に間違った勉強法であることがわかったのです。

というわけで今回は、勉強法の心理学シリーズとして「心理学的に正しい復習時期」について紹介していきたいと思います。

 

前提知識 復習の話で良く聞く「エビングハウスの忘却曲線」

「エビングハウスの忘却曲線」とは?

勉強の復習の心理学と聞いて、一番なじみ深い知識として挙げられるのが、「エビングハウスの忘却曲線」でしょう。聞いたことがある人も多いと思います。

「エビングハウスの忘却曲線」はドイツの心理学者ヘルマン・エビングが発見した人の長期記憶の忘れ具合を調べた心理学研究です。

以下実験内容です。

エビングハウスは、自ら「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節(rit, pek, tas, …etc)を記憶し、その再生率を調べ、この曲線を導いた。結果は以下のようになった。

20分後には、節約率が58%であった。*1

1時間後には、節約率が44%であった。

約9時間後には、節約率は35%であった。

1日後には、節約率が34%であった。

2日後には、節約率が27%であった。

6日後には、節約率が25%であった。

1ヶ月後には、節約率が21%であった。

参照:記憶について 実験心理学への貢献 ヘルマン・エビングハウス著 宇津木保 訳/望月衛 閲 誠信書房

 

よくある間違い① 一時間後には、56%も忘れる

「エビングハウスの忘却曲線」の話をしたときに良く言われるのが、「一時間後には、56%も忘れる」という文言です。ちなみにこれは間違いです。これは、節約率=忘却率と勘違いしていることによって起こります。

この心理学研究の中で示されている「節約率」というのは、
再度その単語を思い出すまでにかかった時間(または回数)をどれだけ節約することができたか
というものなんです。

例えば、「あまさたね」のようなランダムな文字で構成された単語を最初は40回書くことで覚えられたのが、次に覚えなおすときに20回書くだけで覚えられたという場合、節約率は50%ということになります。

これを見てもわかるように実は「エビングハウスの忘却曲線」はどの程度忘れたかではなく、どの程度思いだす時間を節約できたかを表しているのです。

 

よくある間違い② この心理学研究は、学習すべてに適用される

よくある「エビングハウスの忘却曲線」に対する誤解の二つ目は、「この心理学研究は、学習すべてに適用される」ということです。

「エビングハウスの忘却曲線」を用いて復習の重要性を説く人は、「勉強しても一日後には67%も忘れてしまっているから、復習は大事だ!」と話すと思います。
しかし、「エビングハウスの忘却曲線」の実験内容は、あくまで意味のない単語の羅列を覚えたときの節約率を調べた研究です。

心理学者からの批判として、「この心理学実験では意味を持たないランダムな単語の羅列の忘却を研究したものであり、勉強などの体系的な知識ではより忘却が緩やかになるのではないか」というものがあります。

つまり、勉強の知識は相互に関連性があるからエビングハウスの忘却曲線よりももうちょっと覚えてられるんじゃない?ということです。

 

そもそもエビングハウスの忘却曲線は覚えなおすときの所要時間の省略具合を見るものでした。

よくある心理学研究の間違った解釈を正したところで、ではどうやって復習すればいいのかを紹介していきたいと思います。

 

勉強法の心理学① 復習は忘れてからしろ

まず最初に紹介する勉強法の心理学は、「復習は忘れてからしろ」という心理学テクニックです。

皆さんは勉強するときによく「忘れる前に復習をどんどんしよう」と教わったかもしれませんが、それは間違いだということが心理学研究で分かってきました。

心理学研究によると、忘れてしまった勉強内容を思い出そうとするときに長期記憶が定着するそうです。

アハ体験って一時期流行りましたよね、閃いた瞬間に脳が活性化するという。あれも関係ありそうですね。

心理学研究では、忘れたときの「なんだっけ・・・あの・・・ああ思い出せない!」という悔しさの感情が記憶に結びついているそうです。

次また思い出すときに「あの時ぜんっぜん思い出せなかったあの勉強内だな」と記憶から感情を頼りに引っ張り出してこれるようになるのです。

 

勉強法の心理学② 感情を利用しよう

先ほど言ったように感情を利用するのが、記憶の定着に重要なのです。

それなら、勉強の復習をする際に「間違えたときの罰を与える」「正解したご褒美を用意する」とかのように何かの感情を結びつけることが復習にとっては重要です。

正解したらお菓子を食べていいとかはぶくぶく太ってしまいそうなのでそれはやめましょうね。。

歴史の勉強をするときに「ああこんなことするなんて最低な王様だな」みたいな覚え方をするのもおすすめです。

とにかく勉強内容を何かの感情にくっつけることを意識して勉強してみましょう。

 

勉強法の心理学 コラム 自分の集中できる時間を理解しよう

最後に紹介する勉強法の心理学は、「自分の集中できる時間を理解しよう」です。

「朝活」等が一時期流行りましたが、朝活をするべきなのは一部の人のみであることが心理学研究から明らかになりました。人によって集中できる時間が遺伝子レベルで決まっているのです。

人の生活習慣には4つのタイプがあって、そのタイプのことを「クロノタイプ」と呼びます。勉強をする上ではこのクロノタイプを理解することが最重要となります。

クロノタイプには、クマ型・ライオン型・オオカミ型・イルカ型の4タイプがあります。自分が何型か知りたい方は、クロノタイプに関する記事もまとめていますので、下記リンクから調べてみてください。勉強に必ず役立ちます。(ちなみに筆者はオオカミ型でした)

【クロノタイプ診断】あなたにとって理想の睡眠時間を診断する
こんな人におすすめの記事 理想の睡眠時間を知りたい クロノタイプを知りたい 睡眠不足に悩まされている (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({...

 

まとめ 復習はすぐすべからず

今日は「復習はすぐするな」というお話でした。

このほかにも様々な効率的な心理学的勉強法をまとめているので、もしもっと楽に勉強したいという方がいたら下記リンクからどうぞ。

 

★勉強の心理学

フラットデザインのアイコン ノートのアイコン素材

あなたの勉強は間違っている?科学的に正しい勉強法とは

このカテゴリをもっと読む

 

コメント