【第一印象の心理学】第一印象ってどのくらい重要?

人間関係の心理学

こんな人におすすめの記事

  • 第一印象がどの程度大切か知りたい
  • 第一印象の心理学を学びたい
  • 面接が近いので第一印象を良くしたい




 

【第一印象の心理学】第一印象ってどのくらい重要?

こんにちは。おぱびにあです。

「第一印象は大事!」という話は一度は聞いたことあると思います。

第一印象をよくするためには清潔感が大事、笑顔が大事・・・色々なことがいわれていますよね。

ただ、結局「第一印象がなぜ大事か?」とか「第一印象はいつ決まるのか?」を真剣に考えたことがある方はあまり多くないと思います。

ですので今回は「第一印象の心理学」と題して、第一印象に関する心理学を紹介していきたいと思います。

第一印象の心理学① 第一印象はなぜ大事?

心理学的にも第一印象は大切

心理学的にも第一印象は大切です。

それは、1初頭効果と2確証バイアスという心理学用語から理由を紐解くことができます。

初頭効果

初頭効果とは、「最初に提示された印象が人の記憶残りやすく、後々の印象に影響を与える」という心理学用語です。

初頭効果は、ポーランドの心理学者であるソロモン・アッシュ氏が1946年の心理学研究で発見した効果です。

以下その時の実験内容です。

 

ソロモン・アッシュは、被験者を2つのグループに分け、ある人物の特徴を表す形容詞を6つ順番に見せました。

1つ目のグループには「知的・勤勉・衝動的・批判的・頑固・嫉妬深い」の順に形容詞を見せる。

2つ目のグループには「嫉妬深い・頑固・批判的・衝動的・勤勉・知的」の順に形容詞を見せる。

つまり、いい印象順に形容詞を見せたか、悪い印象順に形容詞を見せたかの違いですね。

すると、いい印象順に形容詞を見せた一つ目のグループのほうが、ある人物に対する印象が良くなりました。

 

このように最初にいい印象を見せられるかどうかが、あなたが今後いい印象の人になるカギになるのです。まさに第一印象は大切だと思わせる研究ですね。

 

確証バイアス

もう一つ、第一印象が大切だと分かる心理学用語があります。それは「確証バイアス」という心理学用語です。

確証バイアスとは、「情報を集める際に、自分が抱いた印象に合う情報ばかり集めること」を指します。

例えば、嫌いな人がいたとしますよね?
その人の嫌なところってどんどん見つかりませんか?

逆に、好きになった人の行動は、すべてが愛おしく思える
でも好きじゃなくなったら「あんであんな人のこと好きになったんだろう」と冷静になる。

これらは日常によくある、自分の印象に合った情報だけしか集めない「確証バイアス」の影響です。

 

こんな実験があります。(数学や、ややこしいことは苦手!という人は飛ばしてください)

 

ウィルソン選択課題

どのカードも一方には白い面に数字が書かれ、もう一方の面は何色かの色が一面に塗られている。「偶数が表に書かれたカードの裏は赤色である」という仮説を検証するにはどのカードをひっくり返すべきか?

 

上図のような4枚のカードが示され、「偶数が表に書かれたカードの裏は赤色である」という仮説を検証するにはどのカードをひっくり返すべきかと尋ねられたとする。この回答として多いのは「8と赤色」あるいは「8」のカードをひっくり返すというものであるが、これらは合理的ではない。なぜならば仮説の反例になり得るのは「偶数が表に書かれていて、かつ裏が赤色でないカード」だけである。その他の組合せは仮説の検証にまったく役に立たない。したがって「8と茶色」のカードをひっくり返すのが合理的である。多くの人がこのような問題に誤答することは確証バイアスの結果として説明される。

引用:Wikipedia 確証バイアス-ウィルソン選択課題

要は、反例を見つけようとせず、正しい例ばかり探そうとすることを示したのがこのウィルソン選択課題です。

 

人間関係に置き換えると、相手があなたのことを一度「いい人」と認識すると、あとは勝手にあなたがいい人である証拠を集めてくれることになります。つまり、第一印象は心理学的にも重要な印象だということになります。

第一印象の心理学② 第一印象はいつ決まる?

第一印象の心理学1つ目のトピックスは、「第一印象はいつ決まる?」です。

結論から申し上げますと様々な議論がありますが、好き嫌いなどの単純な第一印象は「3秒~5秒」・あなたの具体的な第一印象は「90秒~長くても4分」で決まると言われています。

意外と一瞬の判断で決まるものなのです。

面接で言えば、入室して「よろしくお願いします!」とあいさつをしたくらいであなたの第一印象は決まっています

「あなたの人となり」というわりかし深いレベルの印象でも長くても4分で印象が決まってしまうのです。

 

第一印象の心理学③ 第一印象はどう良くする?

類似性の法則

まず最初に紹介するのは、「類似性の法則」です。

類似性の法則とは、
自分と似ているものに好感を持ちやすいという法則です。

 

例を挙げると

犬は飼い主に似る がいい例です。

長年一緒にいるら似てくるわけではありません。あれは自分と似た犬を気に入って購入するという類似性の法則が働いています。

 

類似性の法則を使えば第一印象を簡単によくできます。阪神ファン同士だったらそれがきっかけで仲良くなるとか、とにかく共通点を見つけましょう。

「共通点を探すなんて難しすぎない?」と思う方、安心してください。相手の話すテンションやリアクションが自分と近いだけでも好印象となります。
相手のリアクションを読み取って、なるべく似せたリアクションをすることが良い第一印象をつかむコツです。

 

幸せそうな顔をする

よく「第一印象は笑顔が大事!」と言われますよね?あれは半分合っていて半分間違えています。

正確には「幸せそうな顔をする」ことが第一印象では大事です。いや、第一印象でなくともいい印象を持たせるうえで幸せそうな顔は大事です。

幸せそうな顔をすると、「あの人が幸せなのは、あの人に能力があって夢を実現できているからだ」というような脳内補完を勝手にしてくれます。作り笑いはだめですよ。

クレーム受けていながらも笑顔で対応するキャビンアテンダントさんを考えてみてください。彼(彼女)らは、確かに笑顔ですが引きつった笑顔をしていると思います。
その姿を見て、あなたは特にいい印象を抱かないと思います。

逆にいつもニコニコしているような友人は幸せそうですよね。そんな友人に悪い印象をもっている人は少ないと思います。

ただ笑うだけではなく、幸せそうな顔をすることを意識してください。

 

「どうしても面接では緊張して笑いが引きつってしまう」と悩んでいる人は、エクスプレッシブライティングを試して緊張を緩和することがおすすめです。

【頭がよくなる心理学①】寝る前に8分間を使うだけ!エクスプレッシブライティング
こんな人におすすめの記事 頭がよくなりたい! メンタルを安定させたい ストレスをためにくい心理状態にしたい エクスプレッシブライティングを知りたい (adsbygoogle = window...

 

背筋を正す

実際、第一印象では見た目がかなり大事です。

ある実験では、イケメン・美女のほうが面接に通りやすくなるという結果も出ています。

「そんなのずるい!」と思いますね。私もイケメンではないです。

でも見た目は、何も顔だけではないです。姿勢というものはかなり第一印象に影響を及ぼします。

姿勢が良いと、ポジティブで自身があるように見えます

松岡修造さんを想像すると分かりやすいでしょう。松岡修造さんが猫背なところを想像できませんよね?彼は言葉だけではなく、姿勢からポジティブさを生み出しているのです。

面接で言えば第一印象は3~5秒で決まってしまうのですから、会場に入る前に姿勢を正すことをお勧めします。

 

まとめ 第一印象は後々の評価にも影響する

いかがでしょうか。第一印象の重要さから、どうすれば第一印象が良くなるのかまでを話しました。

第一印象で抱いた印象は「確証バイアス」という効果からどんどん強まっていきます。第一印象は変えることが結構難しいのです。

 

第一印象をよくするためには、見た目がかなり重要です。

よく第一印象のブログで誤って紹介されるメラビアンの法則では、相反する情報を見せられた場合(怒ってる口調で顔はニコニコしてるなど)、視覚55%・聴覚38%・話の内容7%の割合で優先されるともいわれています。

これは話の内容はどうでもいいと言っているのではなく、「緊張した口調でも見た目がしっかりしていれば好印象になる可能性が高い」ということを指しています。

これから面接がある方は

  1. 相手とリアクションを合わせる
  2. 幸せそうな顔をする
  3. 姿勢を正す

ことをまず意識して面接に臨んでください。

 

以上、第一印象の心理学でした。

コメント