すぐキレる人には要注意! すぐキレる人にありがちな3つの特徴

人間関係の心理学

こんな人におすすめの記事

  • 身の回りのすぐキレる人の特徴を知りたい
  • 自分にとって最適な人間関係を学びたい

 

 

すぐキレる人には要注意! すぐキレる人にありがちな3つの特徴

凄い怒る人のイラスト(男性)

 





こんにちは。おぱびにあです。

 

あなたの身の回りには、「すぐキレる人」は、どのくらいいるでしょうか?

身近にいる人は要注意です!上手く距離を取りましょう。なぜかというと、この「すぐキレる人」は性格的に重大な欠陥を抱えている可能性が高いからです。

 

「すぐキレる」というのは自己感情をコントロールできていない証拠です。

なぜ、彼らが自己感情のコントロールができていないのか?

その特徴3つを、ご紹介したいと思います。

 

すぐキレる人の特徴①「恥」の感情が強い

「恥」とキレやすさ

すぐキレる人の特徴の一つ目が、「恥」の感情が強いです。

 

ここでは、恥と罪悪感の研究をまとめた論文 恥と罪悪感の研究の動向 著:薊理津子から、恥とキレやすさの相関について見て行きたいと思います。

 

恥とキレやすさが関係ある結論として、 Tangney, Wagner, Fletcher らが発表した論文で

「恥の感情を感じやすい人は、怒りを感じやすく攻撃性が高い」

という研究結果があったと述べています。

 

この理由として、Lewisによると

「罪悪感」は自分を否定することではない感情であることに対して、

「恥」は自分を否定する感情であり、身の縮むような感覚・肩身が狭い感覚・無価値感・無力感などが襲うためであると考えられています。

無価値感が自分に向くことによって、結果として逃避行動(責任逃れなど)を促すのです。

 

恥の感情がもたらすもの

 

ちなみに「恥」の感情が強い人は、抑うつ・不安・敵意・精神病傾向をもちやすいそうです(Gramzow 1992)。

 

さらにTangneyは、恥を感じやすい人は「共感性が低い」という研究結果を発表しています。

この「共感性が低い」というのは、後述する「サイコパス」の典型的な特徴です。

 

一方で「罪悪感」の感情が強い人は、基本的に「恥」の感情を感じた時と逆の傾向を持ちます。

 

人は思っているほど、他人に気にされていないです。(隣の人がおならしたりしてもそれを何日も覚えてなんかいませんよね?)

もし、恥の感情が強い自覚がある人は、まず「他人はあまり自分のことを見ていないこと」を意識しましょう。

恥の感情をコントロールすることが、人生の豊かさに大きく関わることは言うまでもありません。

 

すぐキレる人の特徴② サイコパス

話が少し逸れましたが、気を取り直して二つ目のすぐキレる人の特徴を紹介します。

二つ目は、「サイコパス」です。

 

「サイコパス」については、 【身近にいたら要注意!】サイコパスの6つの特徴 で解説しているので、詳しくはリンク先から確認してみてください。

 

「サイコパス」は簡単に言うと、共感能力がない人のことを言います。

そして共感能力がないサイコパスの中でも、行動面に問題のある二次サイコパスと呼ばれる人たちが、キレやすいとされています。人の気持ちが分からない故に、不安から他人に敵意を向けるため、何かの拍子にキレてしまうのです。

 

 

すぐキレる人の特徴③ 言語能力が乏しい

 

語彙力がないとすぐキレる?

すぐキレる人三つ目の特徴は、「言語能力が乏しい」です。言いかえると、語彙力がない人です。

 

言語能力がない人が、すぐキレてしまう理由は、

自分の怒りの感情を表現する言葉のバリエーションが少ないから

です。

 

どのようなことが起きても「やばい」「最悪」と答えてしまうような人は要注意です。

 

例を一つ出しましょう

語彙力が低い人Aさんがいたと仮定します。

1.Aさんが食べ物を不意に床に落としてしまった場合
Aさんが抱く感情は「最悪」でした。

2.Aさんが詐欺に遭って100万円だまし取られた場合
Aさんが抱く感情は「最悪」でした。

Aさんは食べ物を落としただけの不幸と、詐欺の被害に遭った不幸を表す指標が同じものになってしまっているのです。

 

つまり言語能力が乏しいと、少しの不幸も大きな不幸との区別がつかず、普通の人では起こらない場面でもキレてしまうのです。

 

言語能力が乏しい人がキレないためには

この記事を軽い気持ちで読んだ方の中には、「自分、言語能力低いかも、、、」という方もいるかもしれません。

 

言語能力が乏しい中でもキレにくくする方法は大きく二つです。

  1. 小説を読んで、感情の表現方法を増やす
  2. 自分の怒りマックスの状態を100として、今の自分の怒りが何点か採点する

 

まず、感情の表現方法を増やしましょう。

「やばい」「最悪」という言葉ばかり使っている自覚がある方は、小説を読んで気持ちの表現方法のバリエーションを増やすといいでしょう。

また、今すぐできる方法として「怒りの感情を客観視する方法」があります。

やり方は、自分の怒りのマックス状態を設定して今の怒りが何点か調べるというやり方です。

自分の怒りを一回客観的に採点することで、瞬間的にキレることを防ぐことができます

少し不安を感じた方は一度試してみてください。

 

 

まとめ すぐキレる人には気をつけよう

 

いかがでしたでしょうか。

今回はキレやすい人の特徴3つと、もし自分がそれに当てはまってしまった時の対策を少し紹介させていただきました。

 

特にサイコパスと付き合うとろくなことにならないので、すぐキレる人の内心を理解できた皆さんはすぐキレる人と上手く距離を取るようにしてください。

コメント