ダイエットに失敗すると太る!? どうにでもなれ効果 【ダイエットの心理学】

こんな人におすすめの記事

  • ダイエットに失敗したときに反動で食べ過ぎてしまう
  • どうにでもなれ効果について知りたい

ダイエットに失敗すると太る!? どうにでもなれ効果

夜食のイラスト




 

こんにちは。おぱびにあです。

 

前回、ダイエットに失敗する原因と対策についてお話ししました。

前回:ダイエットに失敗する原因 なぜお菓子をやめられないのか 【ダイエットの心理学】

 

今回は、もしダイエットに失敗すると悲惨な結果が待っているというお話をしたいと思います。

 

ダイエットに失敗した瞬間を思い出してみよう

ダイエットに失敗した経験のある方は、ダイエットに失敗した瞬間がどういった時だったのか思い出してみてください。

 

  • つい我慢していたラーメンを食べてしまった
  • 人付き合いで飲み会に行って、飲み食いしてしまった
  • 我慢しきれなくてポテトチップスを食べてしまった

 

などなど、さまざまな理由で失敗してしまったと思います。

 

そして、大体の方は気を引き締め直してダイエットをしましたよね。。。

 

そんなことないはずです。みなさんはきっとそのときこう思ったでしょう。

「あー食べちゃった。。。まぁ、今日くらいいいか!食べちゃえ!」

このことがきっかけでタガが外れ、普段の もしくは普段以上の暴飲暴食を再開してしまったのではないでしょうか。

 

ダイエットに失敗する起こる 「もうどうにでもなれ効果」

 

さきほど抱いた感情、「まぁ、今日くらいいいか!食べちゃえ!」という気持ちのことを

 

どうにでもなれ効果

 

と言います。

 

これ、立派な心理学用語で、英語だとThe What-The-Hell Effectといいます。

 

これは完璧主義の人ほどなりやすいといわれています。

「一口の誘惑に負けてしまった」そのようなことから自己嫌悪に陥り、「全部食べるのも一緒だ」と憂さ晴らしのために極端な行動をとってしまうのです。

 

よくある例として夏休みの宿題を考えてみます。

夏休み初日「毎日3ページやれば、夏休み前半で宿題終わるじゃん!」

夏休み5日目「今日家でグダグダしてたら、1ページも宿題できなかったな」

夏休み6日目「昨日もできなかったし今日も宿題いいか」

夏休み最終日(絶望)

 

こんな経験した人、いますよね?笑

もうどうにでもなれ効果 を起こさないためには

 

この恐ろしい効果、もうどうにでもなれ効果が起きてしまう理由は、

  1. 目標が短期目標で
  2. 禁止目標だったとき

であると言われています。

 

もうどうにでもなれ効果を起こしてダイエットに失敗しないためには、

 

まず、目標を無理のない長期の目標にすることが大切です。

「一週間で2キロ瘦せる!」など無理がある目標を立てると、
「まぁ、また同じ目標を立てればいいから」とどうにでもなれ効果が発生してしまいます。

 

「半年後に6キロ痩せる!」のような達成しやすい長期の目標を立てましょう。

 

また、禁止目標に関しては ダイエットに失敗する原因 なぜお菓子をやめられないのか 【ダイエットの心理学】 にて対策方法を紹介しています。この記事を読んで禁止目標を立てないようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダイエットは強い意志が必要な大変な目標です。科学的に正しい目標の立て方をして、より楽に失敗しにくいダイエットをしましょう!

 

「本気でダイエットの心理学を学びたい!」という方はこちらの記事もおすすめです。

心理学でダイエットを学ぶプログラムが面白い!【ダイエット心理講座】
「心理学的に正しいダイエット方法」を学びたいなら、ダイエット心理講座の受講がおすすめ!

コメント