【効率的勉強法】 休憩の取り方

こんな人におすすめの記事

  • 効率的な勉強法を知りたい
  • 勉強をはじめても面倒になって途中で投げ出してしまう
  • 勉強を始めようにも、やる気が出ない・別のことをしてしまう

­

こんにちは。おぱびにあです。

突然ですが、皆さんは勉強は好きですか?

私は嫌いです。

 

そのため私は学生時代、「いかに効率的に楽をして勉強するか」ということばかり考えて過ごしていました。

 

 

効率的な勉強法を追求した結果、中学生時代は周りの1/3程度の勉強量で偏差値76の高校に合格することができました。

 

 

心理学を学んだ今、私が実際に行っていた勉強法の中でも科学的にも効果が示されている勉強法を皆さんに紹介できればと思います。

 

今回紹介するのは

科学的に正しいとされる休憩の取り方

です。

寝転がってスマホを使う人のイラスト(男性会社員)

休憩の取り方一つでも勉強の効率性は変わります。テスト勉強や資格の勉強が控えている皆さんは一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

目次

1.休憩をとるときは問題の途中で取れ!?

2.最適な休憩のタイミング 「ポモドーロテクニック」

3.「勉強のために○○禁止」はダメ! 置き換え勉強法


バイト探しはシフトワークス

 

 

 

【1.休憩をとるときは問題の途中で取れ!?】

勉強してるとき、休憩っていつ取りますか?

多いパターンは「このページ終わったらキリがいいからやめよう」とか

「この章・この大問を解き終わったらやめよう」いったものでしょう。

 

これ、やってはいけないとされる休憩法です。

 

理由を考えてみましょう。

皆さんが勉強のモチベーションを落とすきっかけは何でしょう?以下のようなことはありませんでしたか?

  • 休憩したらYouTubeを見てしまって気づいたら時間が過ぎていた
  • 休憩していたら「まぁ明日やればいいか」と思って勉強を中断した
  • 急に別のこと(掃除など)をしたくなってしまった

勉強中にスマホを使う人のイラスト(女性)

これは勉強に区切りがついてしまったことによって起こりうる、モチベーションの低下です。

 

逆に日常生活で気になって仕方ないことを考えてみてください

  • テレビ番組がいいところでCMにいってしまった
  • YouTubeで「part1」の動画を見た後、「part2」の動画が見つからない

どうですか?二個目なんて必死に動画を探しませんか?

人は「続き」が気になる生き物なのです。

 

勉強にもわざと未完結の状態を残して、終わらせないと気持ち悪いというモヤモヤ感を持たせてあげる必要があります。

心配する人と吹き出しのイラスト(女性)

このモヤモヤ感にこそ、持続的に勉強に集中する答えが隠れているのです。

 

 

 

 

 

【2.最適な休憩のタイミング 「ポモドーロテクニック」】

 

中途半端に休憩を取ることが大事なことを知ったら、次はどのような時間配分で勉強すればよいのかを学びましょう。

 

効率的な勉強を行うために「ポモドーロテクニック」という手法を学びましょう。

 

以下、『超集中力』著:Daigo p.222からの引用

「ポモドーロテクニック」。これは集中力が持続する時間が短いと悩んでいる人にオススメの方法です。

これは、25分の集中と5分の休憩を繰り返すというもの

~中略~

作業に飽きる前に休憩することで、再開したときもスムーズに集中状態に戻ることができます。

 

「25分でも飽きるわ!」というかたは15分の集中と3分の休憩でも構いません。

 

このように期限が差し迫ることで集中力が増す現象を心理学用語で「デッドライン効果」と呼びます。

例えば夏休みの宿題でも「明日から学校」なら初日の何倍もの速さで片づけられたりしますよね?あれが勉強でも起こるのです。

 

「今日は2時間勉強するぞ!」と意気込んで勉強を始めても五分後には

「まぁ、、、2時間もあるし、ちょっとだけ携帯でもいじるか。」と集中力が切れてしまい、そのまま2時間経ってしまったりするのです。

(筆者自身、これめっちゃやっちゃていたのでわかります(笑))

 

こうすると「うわぁやってしまった、、、どうせ勉強しようと思っても5分も勉強できないんだ。」とやる気が落ちてしまい、余計に勉強しなくなってしまいます。

 

25分だけ!この小さな成功の積み重ねから習慣化していくのです。

 

 

 

 

【3.「勉強のために○○禁止」はダメ! 置き換え勉強法】

 

最初に言うと、これダイエットにも使えます。大切な考え方です。

 

「勉強のためにTwitterログアウトします!」

この言葉を昔からよく見かけます。

 

あなたは、この言葉を言った後にテストが終わるまでTwitterに全くログインしなかった友人何人見たことがありますか?

 

多分ほとんどいないでしょう。

 

逆にこれが出来ている友人を見つけたら尊敬してください。

人は○○を禁止する!という目標を達成するのが非常に困難な生き物なのです。

スマートフォンを使うのを我慢している人のイラスト(男性)

 

しかも気を付けなければならないのが、人は禁止目標の達成に失敗すると「どうにでもなれ効果」という効果が発生してしまいます。

上の例で考えると、「Twitterにログインしてしまった、、、もうどうにでもなれ!」と考えて、Twitterを見る回数が余計に増えてしまうのです。

 

ではTwitterをやめるのは不可能なのか?

そうではありません。

Twitterの代わりに○○を開くという、禁止するものの代わりに行う行動を決めてください。

私が使っていた代わりのものを紹介しておきます。とにかく、ただ禁止するのではなく代わりのものを見つけることを大切にしてください。

1.アニメで英語学習→あまり代わりのもの感がないので、とっつきやすいです。Twitterの代わりに歴史の教科書とかだとやる気になりにくいですしね。

 

2.フォーサイト大学受験対策講座

→自宅で講義を受けることができます。Youtubeの代わりとして使うのにおすすめです。 一部コンテンツは無料会員登録で利用できるため、とりあえず代わりとして使ってみましょう。

 

3.英検ネットドリル →筆者はこれ自体は使ったことがありませんが、昔似たようなものを使っていました。 Twitterの代わりに開いて勉強のモチベーションをあげるのにおすすめです。 無料体験もできるようなので自分に合うか試してみるのもありです。

 

 

以上、ここで紹介した勉強法はあくまで合う合わないがあります。使えそうな勉強法はぜひ使ってみてください。

コメント